自分にあった手帳型のスマホケースの探し方

ほとんどの人がスマートフォンを利用するようになった現代、スマートフォンケースは、服や髪型、アクセサリーのように、その人のアイデンティティを表現するものとして必要不可欠なものになりました。特に、人気のある端末を使用している場合、全く同じデザインのスマートフォンを使っている人に出会うことも多く、利便性の面からもスマートフォンにケースを装着して個性を出すことが必要です。多くの人がスマホケースを使用するようになったため、様々なデザインのものが販売されており、電気店や雑貨店のみならず、ファッションブランドなども独自のスマホケースを販売しています。機能面と利便性の両面から、自分に最適なケースを選ぶことで、より快適にスマートフォンを使用できます。

スマホケースのデザインの種類と選び方

スマートフォンのケースのデザインには大きく分けて2種類あります。手帳型と手帳型でないものです。手帳型のものの利点は三点あり、一つ目はケースを閉じているときに画面が見えないため、他者からののぞき見を防止できること。二つ目はケースの内側にカードを収納するポケットがついていることが多く、定期券やクレジットカードを収納するのに便利なこと。三つめは画面正面からの衝撃に強いことです。手帳型でないものの利点も三点あり、一つ目はケースをしていても着信時に画面を見て確認できること。二つ目はケースがスマートなのでかさばらないこと。三つめは前面が覆われていないので、熱がこもりにくいことです。以上の点を考慮して、前面が覆われているものか、前面が見えるものか、自分に合ったものを選びます。

スマホケースの素材の種類と選びかた

スマートフォンケースの素材にはいくつか種類があります。代表的なものは、合成皮革、本革、プラスチック、ゴム、布です。合成皮革や本革のものはシックで大人なイメージがあるので、大人や男性向けです。ただ、色は黒、茶、緑、赤など一色で全体が覆われているものが殆どです。プラスチックのものはブランド物でなければ比較的安価で、デザインもポップでかわいらしいものが多く売られています。ゴム製のものは凝ったデザインのものは少ないですが、落下による割れや湖沼のリスクを避けることができます。布製のものはプラスチックのケースの表面に布が張られているものが多く、その布の柄によってイメージが変わります。チェック柄や花柄などの、比較的女性向けのデザインのものが多く販売されています。