今流行している手帳型スマホケースの特徴を詳しく紹介します

大切なスマホを保護するために、多くのユーザーはケースに入れて運用していますが、ここに来て、手帳型スマホケースの人気が急上昇し、注目が集まっています。従来のTPUケースや、ポリカーボネートケースのような、耐衝撃性に優れ、中のデバイスを守るというケースがメインストリームだった時代から、大きな転換期を迎えつつあり、大手オンラインショッピングサイトの売り上げランキングでも、ランクインするシーンが増えてきました。 その背景には、スマホの登場から幾年もの歳月を経て、ケースの種類が充実してきたことに加えて、利用方法の多様化も大きな影響を及ぼしています。今回は、なぜ多くのユーザーが手帳型スマホケースに魅せられて行くのか、他のケースには無いその特徴について、詳しく紹介します。

数少ない液晶パネルを保護できるケース

TPU、ポリカーボネート、ハイブリッドなどのケースは、優れた耐衝撃性を持っていることは理解しつつも、多くのユーザーの間で不安があったのは、液晶パネルの保護の問題です。横や背面からの耐衝撃については期待できるものの、液晶パネルの面がむき出しとなることが懸念され、せっかくシンプルなケースなのにも関わらず、さらにわざわざ全体を覆うスリーブケースに入れて運搬するユーザーも少なくありません。 一方、手帳型スマホケースであれば、液晶パネルの側もカバーリングされるため、特に運搬時の懸念が大きく払拭されるため、傷付くことを気にすることが皆無となります。また、通話の際に、液晶パネルにファンデーションや、皮脂が付着することがあっても、素早くカバーを閉じれば、周りの人に不快感を与えることを回避できる、唯一のケースです。 機種によっては、カバーの開閉によって照度センサーが反応し、自動的にスリープモードのオンオフが切り替えられるものもあります。これは、バッテリーの消耗を抑えられるのと同時に、物理ボタンの電源ボタンの劣化を防ぐことにも繋がります。

スタンド機能でハンズフリーでも楽しめる

カバーを折り畳み、横から見て三角形を構成する形にするだけで、簡単にスタンドに早変わりするのも、他のケースには無い機能です。デスクに置けば、ハンズフリーで動画を楽しんだり、通話をすることができます。また、ビジネスのシーンでは、複数人でプレゼンテーション資料を閲覧し、情報を共有できるのも便利です。ここまで紹介したように、内部のスマホ本体を保護するのはもちろんのこと、液晶パネルも保護し、スタンド機能を持ち、対応した機種であれば、照度センサーによるスリープのオンオフも機能するという、複数の機能を持っている、唯一無二の存在です。新たな新鮮さと、豊富な機能を付加する手帳型スマホケースは、これまでのケースに飽きたユーザーや、物足りなさを感じているユーザーに、おすすめできるケースです。