お気に入りの手帳型スマホケースの管理方法

スマートフォンを落とした時の衝撃から守るためや、画面が割れるのを防ぐために、ケースを利用している方は少なくありません。その中でも特に人気があるのは、スマートフォン全体を覆ってくれる手帳型のスマホケースです。画面を見る時にわざわざ蓋を開かなければならないというデメリットはありますが、使用頻度の高いカードを収納することも出来ますし、特に画面割れには非常に有効なのです。素材やデザインも色々なものがあり、ホックボタンでフタをするものもあれば、マグネット式で楽に開閉出来るものもあります。長く大切に使い続けるためには、普段から定期的にケースのお手入れをしてあげる必要があります。それぞれの素材によってもお手入れ方法は異なりますので、どんな素材が使われているのか把握しておきましょう。

合皮タイプの手帳型スマホケースのお手入れ方法とは

比較的安価で購入することが出来る合皮タイプのスマホケースは、乾いたクロスで軽く汚れを拭き取ってあげましょう。水気に弱いので注意が必要です。汚れが酷くて気になる場合、まず消しゴムをかけてみましょう。意外ときれいに汚れを落とすことが出来ます。本体を入れる部分にもホコリが溜まりやすいので、定期的にスマホ本体を外してシリコン部分を丁寧に拭き取ってあげましょう。こちらも洗剤などは使用せず、クロスで乾拭きするだけで大丈夫です。エナメルタイプのものは、他のアイテムと長時間くっつけておくと、その素材によっては色が移ってしまうことがありますので注意が必要です。ベタベタしてきたり、汚れが気になってきた場合は、エナメル専用のクリーナーを使用して汚れを落としてあげましょう。

布製や、本革タイプのお手入れ方法とは

手帳型のケースはお気に入りの生地を使って自作することも可能です。その為布製のスマホケースを使用している方も多いでしょう。一般的な生地を使用している場合、まずはそもそも汚れが付きにくいよう、あらかじめ防水スプレーなどを噴射しておくのがおすすめです。汚れがついてしまった場合、まずは本体をケースから外し、固く絞った柔らかい生地で叩き込むようにして汚れを落としていきましょう。ひどい汚れが落ちにくい場合は、中性洗剤を併用するのもおすすめです。本革製のケースは高級感があり、非常に人気があるアイテムです。毎日使っていると手垢などで徐々に汚れてきますので、本革用のクリーナーを使用し、円を描くようにして塗り込んでいきます。1〜2ヶ月に1度くらいの頻度で大丈夫です。クリームを塗布した後、防水スプレーを噴射しておくと水気と汚れに強くなるのでおすすめです。